高谷望巳の高校と大学と学歴まとめ!陸上で100mをやっていた?快足過ぎる!何秒?

高谷望巳さんは、兵庫県尼崎市出身の19歳の大学生で、陸上部に所属しています。彼の100mの記録は驚異的な速さで、その俊足は多くの人々を魅了しています。

しかし、彼の高校と大学の詳細は明らかにされていません。彼の素晴らしい走りについて、さらに詳しく見ていきましょう。

本記事では、高谷望巳さんの陸上キャリア、その驚異的なスピード、そして彼が一番福になったその走りの早さに達したのかについて詳しく説明します。

高谷望巳のプロフィールと福男について

引用:神戸新聞
名前高谷望巳
年齢19歳 (2024年1月時点)
大学追手門学院大学1年
職業大学生
所属陸上部
所在兵庫県尼崎市

高谷望巳さんのプロフィールを解説していきます。

(高谷望巳さんは画像中央の男性です。一番小柄ですね)

現在は、追手門学院大学の1年生で陸上部に所属しています。

商売繁盛の神様、「えべっさん」の総本社である兵庫県の西宮神社において、本殿参拝の一番乗りを目指す「福男選び」が恒例となっていました。

今回、2024年1月10日の午前6時に行われた一番福は5千人の中から、兵庫県尼崎市の「高谷望巳」さんに決定しました。

実際の一番福の走りは?

では、実際の高谷望巳さんの一番福の走りも見逃した人は見てくださいね。

こちらからどうぞ。

■「福男選び」5千人が参道駆け抜ける 1番福は尼崎の大学生、3番福まで初参加 西宮神社(YouTube)

二番福と三番福は?

二番福は、画像左の鳥取県東部広域行政管理組合消防局に所属する山下慎之介さん(23)

三番福は、画像右の神戸大学4年のアメフト部員、多田龍平さん(23)

です。どの方もスポーツマンで早そうな体型をしていますよね。

ちなみに、今回の1番福~3番福の選手はみんな初参加です。

高谷望巳の中学は?

高谷望巳の中学は調査した情報から、「尼崎市立小田中学校」でほぼ確定です。

尼崎市立小田中学校はこちら

なぜ尼崎市立小田中学校

その根拠は令和元年(2019年)の小田中だよりという資料で、尼崎市総合体育大会で陸上部の男子総合3位(男子4×100R) 2位として高谷さんの名前が表彰されているからです。

令和元年に15歳だとすると、現在は高谷望巳さんは2023年に19歳である想定。

年齢の計算及び出身地域である尼崎市、さらには陸上部という情報からもほぼ確定でしょう。

高谷望巳の高校は?

高谷望巳の高校は「兵庫県立尼崎高等学校」です。

兵庫県立尼崎高等学校はこちら

なぜ兵庫県立尼崎高等学校?

引用:兵庫県陸上競技協会

第66回 兵庫県高等学校総合体育大会(陸上競技)にて、男子 4×100mの順位で1位になっています。

ちなみに、この時の記録は43.11秒です。

この際に、メンバーとして高谷望巳(タカタニノゾミ)さんが入っています。

その際の高校名に「県 尼崎」と記載があります。

この「県 尼崎」は兵庫県立尼崎高等学校のことを指します。

だから、高谷望巳さんの出身高校は兵庫県立尼崎高等学校だと言い切れます。

高谷望巳の大学は?

高谷望巳の大学は「追手門学院大学」です。

追手門学院大学はこちら

なぜ兵庫県立尼崎高等学校?

これは、神戸新聞NEXTの正式な報道により、追手門学院大学1年で陸上部に所属する髙谷望巳さん(19)として今回の福男になったというニュースから、明らかな事実です。

高谷望巳の陸上で100mは何秒で走れる?

高谷望巳さんは、MBSNEWSにもよると、100mのタイムは11秒29だということを語っています。

18歳以上の100mのタイムは平均で「14秒36」と言われていますからかなり早いタイムだと言えますね。

今後の陸上競技での活躍にも期待です。

ネット上の声

福男選びも一度先頭を逃がして仲間内で後ろから来る人をブロックしてなんて、えべっさんが喜ばないような年もあったけど今年は正当な方法で選ばれたんですね。

良かった。コメントも被災者の方々にも配慮した言葉だったし良かったのではないのかな?と自分は思いました。

批判的な考え確かに分かるけど何から何まで制限してしまったらつまらないと思うし、そもそも神社自体が執り行ったので、参加された方には関係ないと思いました。被災者の応援出来ることからやってみたいと思いました。

この毎年の福男選びの模様は
各放送局でドキュメンタリー番組作られるがなかなか面白いよね。

番組によっては二番福、三番福を追いかける事になる番組もあるが
これはこれで面白い。

やはり日本の伝統祭りに情熱燃やす姿は見てる側も熱くなる。

おすすめの記事