100円ラーメン満福亭が復活?経緯と現在の最新情報!

八王子市のソウルフード「100円」ラーメンが復活したことが大きな話題になりました。

100円ラーメンと言えば、JR西八王子駅近くにあった「満福亭」。

通称「100ラン」と呼ばれて、ずっと愛されてきていましたが2011年1月14日に閉店しています。

最近、この100円ラーメンが復活したとして大きな反響を呼んでいます。

経緯と詳細や実際のラーメンについて、最新の情報を交えてご紹介します。

100円ラーメンが2023年11月26日復活している!

店舗名100圓ラーメン
オープン2023年11月26日(日)
商品100円ラーメン
海苔・メンマ・チャーシュー・なると・ネギの5種
料金100円
営業時間11:00~19:00
定休日月曜日(祝日の場合翌日)
住所東京都八王子市中町11-8 (桑都テラス)

八王子市内にある「めだかやドットコム」が八王子市内の複合施設「桑都テラス」内で「100圓ラーメン」として、100円ラーメン(として有名だった満福亭を思って)としても復活を遂げています。

画像からもわかるように醤油ラーメンです。

あっさりしていますが、コクもあり、飲み干せるスープで味も100円だからと劣りません。

非常に美味しそうですね。

もちろん、しっかりとしたお店として継続していきたいと代表も言っており、ボランティアではないので、原価は100円以下でチャーシューの大きさや海苔の大きさなどの工夫がみられます!

ちなみに、桑都テラスの場所はコチラです。

・桑都テラスはJR八王子駅の北口から徒歩8分です。

googleマップで確認したい方はこちら↓からどうぞ。

東京近郊の方、八王子市にお住まいの方は是非足を運んでみてください!

参考:桑都テラス公式サイト

番外:100円ラーメン以外の商品

この100圓ラーメンでは、アパレルも展開しています。

キャップやTシャツも店頭で販売しているようなので、気になる方は是非お店でチェックしてみてくださいね。

こういうアパレル展開を行うことで、収入源が増えますし、100圓ラーメンという店舗形態を存続させる為に非常に効果的な経営戦略だと思います。

100円ラーメンの復活経緯と現在は?

引用:100円ラーメン(東洋経済)

100円ラーメンはなぜ10年以上の期間を経て復活した運びになったのでしょうか?

それは、100円ラーメンを経営している「めだかやドットコム」の青木崇浩社長が以下のように語られています。

中学時代も近くの中学に通っていたので、青木さんとしては「100円ラーメン」は常に近くにあった存在。閉店を聞いたときは本当に寂しかったという。

現代の美味しいラーメンを一から作り上げるというよりも、35年前の『100円ラーメン』の雰囲気を取り戻したいと思い、復活に向けて動き始めました。

1年前に開業した『桑都テラス』との縁があり、1周年の目玉として『100円ラーメン』を復活させないかと私が提案に上げました。『桑都テラス』は新しい老舗を作ろうというコンセプト。まさに復活にふさわしい舞台だと感じました。私が座右の銘としている『継往開来』の精神を表現したお店にしようと心に誓いました

引用:yahooニュース

つまり、青木さんが若いころに通っていた味と良さが忘れることができず、桑都テラスのコンセプトも繋がって、100円ラーメンを復活させるという運びになったようです。

消費者側としても、安くて美味しいものが食べれるのは本当にありがたいことですね。

100円ラーメンの満腹亭の歴史とは?

今回、桑都テラスに復活した「100圓ラーメン」ですが、元となる満福亭の歴史を紐解いていきます。

西八王子・千人町で40年近く営業し、2011年に閉店

引用:食べログ
店舗名満福亭
創業1973年
閉業2011年1月14日
商品100円ラーメン
海苔・メンマ・チャーシュー・なると・ネギの5種
営業時間11:00~21:00
定休日水曜日
住所東京都八王子市千人町2丁目20−8 2F

西八王子で「100円ラーメン」、「100ラン」として親しまれていた「満福亭」は1973年から、2011年まで一杯100円という価格を守り続けていました。

場所は掲載している通りですが、西八王子駅になります。

閉店理由は?

引用:八王子経済新聞

八王子経済新聞にもよると、前オーナーである満福亭の2代目からやめるという話を聞き、歴史ある100円ラーメンを何とか続けようと「もしもしモンキー」という携帯電話販売店が経営を引き継いだようですが、どうしても閉店になってしまったようです。

明確な理由については明かされていませんが、十中八九100円ラーメンという売上、利益の形態から、経営を続けることが困難になったのでしょう。

閉店を決める前から100円ラーメンを辞めたり、定食などにも工夫を加えるなどをしていたようですが、最終的に閉店せざるを得ない状況でした。

100円ラーメンの満腹亭閉店時の声

100円ラーメンの満福亭は地元の方々に非常に愛されていたことがわかります。2011年に閉店を発表した際には以下のような声が上がっています。

西八王子の名物店だったのに残念

寂しい

ショック

まとめ

100円ラーメンの満福亭が100圓ラーメンとして、JR八王子駅から徒歩8分の「桑都テラス」に現在、開店しています。

現代のラーメンは1000円前後が主流だと思いますが、その10分の1の値段で本格的な醤油ラーメンが食べれることは非常にありがたいですね。

物価の高騰に賃金が追いついていない、現代では尚更このような時代の物価高と逆行してくれるお店は庶民の味方です!

是非、みなさんも一度足を運んでみてくださいね。

おすすめの記事